使い捨てコンタクトレンズのタイプの比較について解説しています。
コンタクトレンズの知識

使い捨てコンタクトレンズのタイプの比較

使い捨てコンタクトレンズのタイプの比較の説明です。

コンタクトレンズのレンズ自体の種類としてハードレンズ・酸素透過性ハードレンズ、ソフトコンタクトレンズがあります。そしてソフトコンタクトレンズには使い捨てコンタクトレンズがあります。そこで、使い捨てソフトコンタクトレンズのタイプの比較をしてみました。 使い捨てコンタクトレンズというのは最長使用期間が決められていて、日本では1日・1週間・2週間などののタイプがあります。

【1日使い捨てタイプ/ワンデー・タイプ】
1日の使用が終わって、はずした後は、再使用せずに捨てる使い捨てソフトコンタクトレンズです。常に新しい清潔なレンズを使うので、安全性は高いです。また、汚れを気にしたり洗浄などをする手間がいりません。
けれども、連続装用はできないことや、コストがかかります。また、ドライアイに対する注意が必要です。

【1週間連続装用タイプ】
最長1週間まで連続装用できる使い捨てソフトコンタクトレンズです。寝るときもつけたままはずさず連続装用することになります。そのため洗浄などの手間がかかりません。
けれども連続で装用するので、角膜に炎症がおきやすいです。コストがかかり、ドライアイに対する注意が必要です。トラブルを防止するため、眼科で定期検査を受けることが必要となります。装用途中ではずしても、消毒すれば1週間を限度に再使用が可能なタイプもあります。(2週間連続装用タイプ)

【2週間交換タイプ】
1枚のレンズを最長2週間まで使用できます。ケアをして再使用ができるので、使い捨てタイプの中では、コストは最も低いです。使用期間が短いので耐久性や汚れやすさを考慮する必要がないため、水分の含まれる割合が高く、酸素の透過性の高い素材も使われています。
ただ、連続装用はできないですし、毎日ケアをしなければなりません。ドライアイに対する注意も必要です。
けれども従来型のコンタクトレンズですぐに破損させたりしてしまう方には向いているといえます。


※メーカーなどによって多少異なります。


激安のコンタクトレンズ通販のお店の一覧
  
アークスコンタクト イーレンズスタイル・ストアー オンラインコンタクト
グッドレンズ レンズモード 001レンズ
007速配コンタクト Teallaカラコン Dr.Takahashshop
ハローコンタクト MAXLENS レンズ屋.com

コンタクトレンズの知識と通販のトップページ

コンタクトレンズの知識

コンタクトレンズに向いている人向いていない人

コンタクトレンズ:ハード、ソフトのメリット・デメリット

コンタクトレンズ:ハード、ソフトの特徴の比較(素材)

コンタクトレンズの種類(用途)

使い捨てコンタクトレンズの比較(用途)

使い捨てコンタクトレンズのメリット・デメリット

コンタクトレンズの代表的なトラブル

コンタクトレンズの含水率とは?

コンタクトレンズの用語集