レーシックを受けられない人について解説しています。
レーシック手術で視力回復

レーシックを受けられない人


レーシックを受けられない人の説明です。

レーシックとは、レーザー治療して視力をよくする手術のことです。 けれども前もって手術ができるかどうか精密な検査をします。その結果、レーシックの手術を受けられない方もいます。例えば以下のような方々です。

  • 20歳未満の方(眼科によっては18歳)
  • 高齢の方(60歳以上)
  • 目の病気を持っている方(白内障・緑内障・網膜はく離・結膜炎など)
  • 糖尿病や肝炎や膠原病などの病気を持っている方
  • 角膜に十分な厚さが無い方
  • 強度の近視、乱視の方
クリニックや眼科の判断によっては、レーシック手術ができるかできないかの判断が分かれるケースもあるようです。また、不適応となった方でも病気などが改善されれば手術を受けることは可能です。



コンタクトレンズの知識と通販のトップページ

レーシックで視力回復

レーシック手術で視力回復

イントラレーシック手術で視力回復

レーシックを受けられない人

レーシックは健康保険や生命保険や医療費控除は受けられるの?