レーシックは健康保険や生命保険や医療費控除は受けられるの?について解説しています。
レーシック手術で視力回復

レーシックは健康保険や生命保険や医療費控除は受けられるの?

   
レーシックは健康保険や生命保険や医療費控除は受けられるの?の説明です。  

レーシックの手術は、健康保険は適用されていません。それはレーシックの安全性に問題があるからではなく、日本では、近視や乱視、遠視などが病気扱いになっていないからです。ですので手術や検査などにかかる費用は、全額個人の負担になります。

(エキシマレーザーによる近視矯正手術は1995年、世界で最も厳しい審査基準をもつといわれるFDA(米国食品医薬品局)に認可されています。日本でも2000年に厚生労働省に認可されています。 )

けれども生命保険は、多くの生命保険や医療保険で、「レーシック」が手術給付金の対象となっているようです。契約内容によりますので、詳しくは現在ご加入している保険会社に確認してください。申請にはクリニック、眼科の診断書が必要となります。

また、医療費控除は1年間( 1月〜12月)の病気やケガの治療費などの医療費が10万円を超えた場合、確定申告で税金が還付される可能性があります。「レーシック」が医療費控除に該当するかどうかは個々の事情により変わってきますので、、税務署にお問い合わせください。

また、申告するときには、治療費や手術費の領収書の提出が必要になるので、保管しておきます。



コンタクトレンズの知識と通販のトップページ

レーシックで視力回復

レーシック手術で視力回復

イントラレーシック手術で視力回復

レーシックを受けられない人

レーシックは健康保険や生命保険や医療費控除は受けられるの?