イントラレーシック手術で視力回復について解説しています。
レーシック手術で視力回復

イントラレーシック手術で視力回復

イントラレーシックの説明です。

イントラレーシックとは、医療用レーザーを使って、視力が良くなる最先端のレーシックのことです。しかし最近導入されたばかりの手術方式なので、長期的な影響についてはデータがあまりありません。

といっても谷口拓也さん(プロゴルファー)、柳本啓成さん(プロサッカー選手)、渡辺篤さん(レーシングライダー)の有名なスポーツ選手もイントラレーシック手術をしています。

現在のところ品川近視クリニック、神奈川クリニック眼科、安淵眼科、錦糸眼科だけが「Intra Lase社」の認定施設として、「イントラレーシック手術」を実施しています。

<レーシックとイントラレーシックのちがい>

レーシックも、イントラレーシックも、視力回復の手術のことですが、イントラレーシックは従来のレーシックと比較して以下のメリットがあります。

1.フラップの安定性
2.視界がクリア
3.重度な近視、薄い角膜でも治療が可能



コンタクトレンズの知識と通販のトップページ

レーシックで視力回復

レーシック手術で視力回復

イントラレーシック手術で視力回復

レーシックを受けられない人

レーシックは健康保険や生命保険や医療費控除は受けられるの?