レーシック手術で視力回復について解説しています。
視力回復トレーニング

レーシック手術で視力回復


レーシック手術で視力回復の説明です。

レーシック(LASIK)は、エキシマレーザーという医療用レーザーを使った視力矯正の新しい方法です。アメリカではすでに一般的な視力矯正の治療となっています。日本でも2000年に厚生労働省からエキシマレーザー装置に対する認可がおりて以来、レーシックは急速に普及しています。

レーシックはエキシマ・レーザーを使って角膜の中央部を削って、角膜のカーブを変化させます。角膜の屈折する形を調整して、視力を回復させる方法です。

レーシックの特長は素早く視力を回復させることができることです。
手術時間は両眼でおよそ15〜20分で、レーザーの照射時間は、その内およそ数十秒程度です。手術中や手術後に痛みもほとんどありません。手術後は、入院の必要も全くありません。

もちろん手術をする前には、眼がレーシック手術に適しているかどうかの適応検査を受けます。ですのでレーシック手術をしたいと思っても受けられない人もいます。 また大切な目のことなので、インターネットだけの情報だけではなく、レーシック医師に相談することをお勧めします。

レーシックの手術までの流れですが、おおよそ以下のような感じです。

1.資料請求
2.適応検査の予約をする
3.適応検査の日
4.手術前の準備をする・注意点の確認
5.視力矯正手術の日
6.定期検査



コンタクトレンズの知識と通販のトップページ

レーシックで視力回復

レーシック手術で視力回復

イントラレーシック手術で視力回復

レーシックを受けられない人

レーシックは健康保険や生命保険や医療費控除は受けられるの?